浴室大改修・6日目

ついに浴室大改修シリーズの最終日となりました。

本日8日は、昨日の投稿でもご紹介しましたが、Path of Exileの新リーグ開始日です。

昨日はサウナに行ってからリーグ開始に備え22時頃に速攻で寝たので、早朝4時半に早起きして、まずは昨日の投稿の更新と、ゲーム開始前の各種プログラムの準備をしました。

ちなみに、朝5時から始めた新リーグの進行状況は正午段階でレベル45、本日はゲームだけに集中できない状況ですので、のんびり複数の作業を並行処理しながら進めています。

Witchで始めたので、ネクロにするか、エレメンタリストにするかはもうすぐ決定する必要があります。

話は戻り、本日の浴室改修の作業は、脱衣所側の床と壁のクロス張りとなります。

パテで下地を作る作業と乾燥、そしてすでにカット済みのクロスを張っていく作業工程となり、内容的には17時前には終わる作業になると思います。

職人さんが朝8時半に来られました、それからすぐに洗濯機と洗面台の上半分を玄関に移動して、作業開始となりました。

正午段階の状況はこちら:

既存の壁紙をはがして、パテで凹凸を整えて乾燥段階に入ったところですね。

17時にすべての作業が完了しました。

天井、壁そして床、時間と手間を掛けて、クロスを丁寧に貼っていただきました。

6日間にわたる浴室大改修、ユニットバス完成の写真がこちらになります。(映り込みがあったので、鏡を隠しています)

脱衣所側:

浴室内:

総論:
まずは、6日間お付き合いいただきましてありがとうございました。

いろいろな問題点がありましたが、無事に改修が終了しました。

従来型のタイルの浴槽はしっかりしてよいものですが、地震や経年劣化で水漏れがやはり起こります。

水漏れをそのままにしておくと、躯体木材への影響が出る可能性が高まります。(我が家の木材はかなりボロボロでした)

もちろん改修にはそれなりの資金がかかりますが、今回思い切って改修をして正解だったと思いました。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す