香港域内に入らなくても移動はできます

9日8時現在、一部の駅を除いて、香港の地下鉄の大部分は稼働しています

しかしながら、突発的に何が起こるかわかりません、交通状況の把握が非常に難しいと思われます。

地下鉄の駅が開放していることで、大規模デモ活動集団の突入が突発的に起こるかもしれません。

不確定さが「旅程のリスク」になりえます。

リスク回避の方法ですが、香港空港到着からそのまま香港入国なしにフェリーでの移動をお勧めします。

まずはこちらをご確認ください

香港空港に到着してからの流れはこちらをご確認ください。

難しいことはありません、ポイントは香港域内への通関に向かわずに(通過してしまうと、管理区域内に戻れなくなります)

「Transfer Area E2」にそのまま向かうことです。

もちろん預け荷物のタグはなくさずにお持ちください。

こちらからフェリーに乗って移動すれば、香港域内に入ることなく旅を継続することができます。

帰りも同様にフェリーで移動すれば、香港域内に入ることなく、香港空港に戻れます。

購入したチケットをキャンセルする必要はありません、行き先をちょっと変えればよいだけです。

そのまま、中国シンセンに向かうことができますし、マカオに向かうこともできます。

マカオのエッグタルトおいしいですよ。

10月の展示会に参加ご予定のビジネスマンであれば、シンセンから広州に和谐号で向かわれるのが良いですね。

香港空港を利用しての往復の方が、手間はかかりますが明らかに航空券がお安いです。

**航空券が安くなれば私もフェリーで直接シンセンに行きたいのですが、“香港空港から日本に来る”観光客は増える一方ですので、航空チケット価格にほとんど影響がないのが実情です。

しかしながら、ハイシーズンの10月に3万円台で往復できること自体がすでにセール価格です。

今後、香港空港まで行く手段に相当の制限がかかると、状況が変わる可能性はあります。(乗務員が空港まで来れなくなります)

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す