無料で出来る、人生最良の習慣

今回ご紹介する書籍はこちらです。

「Newton・睡眠の教科書」です。

書籍感想:

日本人は先進国の中でも、圧倒的に少ない平均睡眠時間です。

その時間は7時間22分とのことです。

毎日の平均睡眠時間は精神的にも肉体的にも重要な要素であり、日本人の生産性の低さにも大きな影響を与えている原因だと思います。

 

ちなみにこちらの書籍のデータによると、「中国人」の平均睡眠時間は9時間を超えています。

直近の科学と経済の圧倒的な発展に「長時間の睡眠」が寄与しているのかもしれません。

特に、家族みんなで早くご飯を食べて、早く寝れば、子供の脳の発育にも極めて有効です。

優秀な人材の育成に最も必要なのは「毎日の規則正しい長い睡眠時間」ということが立証できるかもしれませんね。

 

睡眠は無料で出来、健康にも良く、脳内の環境整理に有効で、尚且つダイエットにも有効。

寝ている間に飲食する人はいません。

早く寝れば、電気代もかからず節約にも有効です。

加えて一日9時間寝れば、起きている稼働時間が15時間と短いので、一日2食でも対応可能です。(秋と冬と春先の期間は、私は一日2食です。節約ですね)

多めの炭水化物で夏場に太り、冬場に痩せるのが私の生活パターンです。

 

こちらの書籍によると、睡眠時間は記憶能力にも影響を及ぼし、しいては認知症の発症確率にも影響を与えるようです。

ここまで健康維持に有効な規則正しい毎日の長い睡眠時間、確保しない理由はありません。

 

「心と体」の健康に対して最良の投資です。

そして、家族全員で習慣づければ、構成員の健康と将来に対しても好影響を与えるはずです。

毎日21~22時に寝れば、朝6~7時に起きても十分9時間近くの睡眠時間が確保できます。

 

ちなみに、私も21~22時には就寝するよう習慣づけています。

太陽が沈んだら睡眠の準備、太陽が昇ったら起きて活動、健康的な生活ですね。

 

**最後に、布団に入ったら「余計な事を考えず、すぐに就寝!」。

一日の反省なんて行ってはいけませんよ。

寝られなくなります。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す