キッチン改修2~3日・フローリングのトラブル

今週火曜日より始まったキッチン改修ですが、2日目から施工開始したフローリング床に問題発生です。

まずは2日目開始時の状況:

まずは旧キッチンの撤去が完了しています。

それから、新システムキッチン用の電気配線とガス配管、水道配管が完了しています。

ここまでは問題なし。

 

ここから、まずは天井のべニア張り、そしてフローリング床張りに入りました。

フローリング床を半分近く貼り終えた段階で、2日目は終了。

スムーズな作業に思えましたが、2日目終了後に私のインスペクション。

ここで、フローリング床が鳴っていることに気が付きます。

正直かなり大きな音です。

キッチン入り口の床の一ポイントで鳴ります。

本日朝この音を「ほほえみと共に、優しく丁重」に指摘して、まずはきしみ取の潤滑剤投入。

効果はありません。

そこで、床に穴をあけて大工さんが潜ってみると、経年で根太が曲がっているとのこと。

下から補強を加えたので、きしみ音は消えました。

この時点で指摘をしたので、傷口は広がりませんでした。

(心の声:昨日の時点で鳴っていたの気が付かないのかな???)

 

ちなみに家の床と根太の加工を見て、大工さんも良い家の作りをしていると驚いていました。

母親のお兄さんが腕の良い大工さんで、妹のために「最高の職人チーム」と材料と施工を厳選した家です。

古いですが、躯体と加工は相当良いものです。

それでも床は弱くなりますし、その当時システムキッチンはなかったようです。

 

リフォーム時のお勧め:

やはり、毎日の作業の進捗の検査を忘れずにしないといけません!

施工が全て完了してからの指摘ですと、直しが大変になるケースがほとんどです。

信頼だけではリフォームはうまくいかないと思います。

お互いの共同作業の面もあるかと考えます。

 

ちなみに私は長年の海外勤務で培った経験で「無条件の信頼」を絶対にしません。

率直に「性悪説」「疑い」から入ります。

ほほえみを称えながら、クリティカルシンキングがモットーの人間です。

怒りを顔には出しません、心の中は違えども。

**本日の作業で更なる怒りが発生しました、我慢ももう限界、、、、

 

施工主の本気を見せるときがきました。

今回のリフォームは100%の注意と目視確認で取り組みます。

 

今日は残りの床張りです。

私の几帳面さが伝わったはずです。

トラブルが起こらないことを願う限りです。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す