男の「お得」ヤフオク編 その1

男の「お得」シリーズ、今回はヤフオク編になります。

5月14日に落札したヤフオク「xeon」搭載サーバー端末の紹介ですが、今回は長編ですので2部に分けてご紹介いたします。

まず本日1部は:男のヤフオク、検索漏れの上手な落札法

明日の2部は:起動しない、やっぱり世の中そんなに甘くない、男のPCエラーの探し方、最速の判断と端末復帰法

になります。

本日は第一部、まずは5月14日に落札して、昨日午後に届いたヤフオク「xeon」検索漏れサーバー端末のご紹介です:

5月6日に落札した商品と同じ構成のジャンク品の富士通 PRIMERGY TX140 S1 Xeon E3-1220v2 メモリ8GBになります。

落札品の外観はこちらになります。

ホコリが結構ありますので、後ほどエアーコンプレッサー清掃をいたします。

前回落札品との違いは、

マイナス点:
1、前面パネルが欠如
2、出品者のBIOS起動画面の確認がありません、トラブル・BIOSパスワードがないことを祈ります

プラス面:
1、PC3L-12800Eメモリが8GB(2GBが2枚と4GBが1枚の構成です)
2、600GのSASのディスクが4つ付帯(累計使用時間は分かりません)

落札価格は、1,200円+送料2,000円です。

ECCメモリとSAS+トレーが4台付属していますので、動いてくれれば、この落札価格は前回を超える「超お得」品になります。

この端末ですが、出品商品のタイトルに「XEON」の文字がなかったため、「TX140」でロックオン検索しないと表示されない状態でした。

そのため、大部分の方が検索するであろう「XEON」に検索漏れで、終了日まで一人の入札もありませんでした。

これは間違いなく「検索漏れ」商品と確信し、今回は検索漏れ対応の必殺技「終了1分前までスニーク」の策を取りました。(入札数からも検索可能ですので万一を考えました)

実は終了1時間前くらいに1人の方が入札しましたが、その方もおそらく誰も入札しないだろうと考えたと思います。(私はTX140が欲しかったので検索できましたが、普通で見つけるのは高難易度と思います)

忙しい場合、終了時間を忘れてしまいますので、それを避けるために前もって入札したい気持ちは理解できます。

しかしながら、終了間際までスニークしない場合、商品が欲しい「私の存在」が露見して、入札価格のつり合いになる可能性があります。

潜行時のあなたの有利点は、あなたは競合相手の存在を知っているが、相手はあなたの存在を知りません。

私のおすすめは、その隙と油断を突く「検索漏れは最後の1分で入札勝負」です。

私も過去に「誰も入札しないだろう」という慢心で、商品をたった一回の1分前の上値入札で逆転落札された経験があります。(一回入札すると、終了時間が5分伸びます)

終了1分前までのスニーク、そこからの一撃クリティカル入札ですね。(自動入札を使うと2分前です)

この会心の一撃を受けるとガックリきますし、最後まで潜行していたお相手にあっぱれです。

「慢心ダメ」見えない誰かの入札があるかもしれませんので、時間が終了するまでは正座待機。

第1部の結論:「ヤフオク検索」は他の人が入力しないであろう、型番・機種名でこまめに検索。検索漏れが見つかるかもしれません。

次回の第2部、明日の投稿になります、お楽しみに。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す