5Gの答えは彼の手に(追記)

昨日5Gに関するツイートをしたところ、たくさんの反響をもらいました。

その反響とコメントに関するお答えをということで、今回の投稿を作成しました。

まずは、5Gに関する知識については、前回お勧めの書籍:

を読破いただけると嬉しいです。

非常に良い書籍です。

加えて、こちらの書籍をご覧いただけると嬉しいです。

ファーウェイの精神的支柱、「任正非の競争のセオリー」です。

軍隊を除隊してからファーウェイを起業して、そこからの成長は彼の指導無くしてはありえません。

従業員の事を考え、生活や食事そして精神面まで細やかにケアを行い、優秀な人材には相応の報酬をもって厚遇する、最高の経営者です。

そして、電磁波等の諸所の5Gに関する問題ですが、私はこの聡明な経営者とファーウェイの最強技術者集団が革新的な技術を開発導入して、克服して行くと考えています。

清華大学、北京大学出身の一流技術者を厚遇を持って集め、研究環境を整え、そこから導き出される革新的な技術に思いを馳せます。

こちらの書籍を読んでいただければ解りますが、今まで数々の厳しい壁を越えてきた「ファーウェイ」です。

きっと、「技術的」に超えられない壁は無いと考えています。

今回AppleはiPhone11_Proに5Gを搭載しませんでした。

今月、中国国内では5G通信の商用運用が開始いたします。

5Gが利用できないiPhone11_Pro、売れると思いますか?

数年後振り返ると、この決断がファーウェイとAppleのターニングポイントになるかもしれません。

ファーウェイはきっとここを好機ととらえ、5Gと最強のカメラ、そして独自OSを搭載した新型機を開発してくるでしょう。

独自OS搭載端末を獲得し、対応アプリが増えてくれば、自ずと市場の方向は変わるでしょう。

5Gの「中国夢」を叶えるのはこの企業と期待しています。

**10/5追記

2018年の中国の最高学府「清華大学」の卒業生の進むキャリアリストです。

こちらの一人一人、世界中の大企業や研究機関が喉から手が出るほど欲しい、本物の超スーパーエリートです。

そのスーパーエリートが大学院を卒業して選ぶ先、圧倒的に「ファーウェイ・华为」が多いのが見て取れると思います。

もちろん厚遇を持って迎えられているのは間違いありません。

最高の人材が進路として選択する「ファーウェイ」、青い空に天井はないですね。

Twitterフォローお願いします‼