百聞は一見に如かず、是非一読を

写真の書籍ですが、「ファーウェイと米中5G戦争」です。

まずは率直な私見評価から、“ズバリ本年NO.1の良書”です。

ファーウェイの会社を理解するにも、5G通信を理解するにも、取り巻く国際情勢を理解するにもベストの一冊です。

内容もシンセン実地調査と素晴らしい分析、勉強になること間違いなしです。

驚くことはいろいろありますが、その中の一つは、ファーウェイは45歳定年なんですね。

その分若いうちから、給料はケチらずしっかり払う。(若いうちは給与が低い?それは勘違い)

社員にはシンセンの戸籍も付くようですね。

加えて、社食や企業職員用の施設にもしっかり投資する。

会社が大きくなった所以が理解できます。

若いうちは企業でしっかり勉強しながら稼いで、経験を積んでから、その資本で自分のビジネスを興す。

新たなビッグビジネスが、“シンセン”から生まれる土壌にもなりますね。

「来了就是深圳人」来ればあなたもシンセン人、良い言葉ですね。

これこそが、循環的なビジネスサイクルですよね。

年齢関係なく、能力に見合った給与を新入社時からしっかり払う、これが当たり前になるべきです。

最後に読んでいただければ理解できるかと思いますが、日本のIT通信業界の将来性は厳しいと思われますね。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す