コンカラーズブレード:わらしべ長者作戦進行中

まずは、昨晩の領土戦。

混迷の地が開いたことで、有力クランは混迷の地に重点を移動。

主力の移動により、漠原鎮国軍の拠点回復が容易になります。

 

昨晩の結果:

まずは6か所。

加えて1か所。

計7拠点の奪還に成功しました。

最終的には、また自由軍勢に奪われましたが。

 

拠点回復による合計獲得銀貨は、11,132銀貨となりました。

嬉しい限りです。

 

わらしべ長者作戦詳細報告:

まずは前回の投稿をご覧ください。

混迷の地でのT4兵装量産計画についてのイントロダクションです。

自由軍に拠点を奪われることを確信しての行動となりました。

 

1、まずは、混迷の地・領土戦開始前に移転令を3つ消費して、倉庫をT4兵装が生産可能な混迷の地の城へ動かします。

この拠点が自由軍に奪われると、敵対象の鎮国軍将軍は城への入場が出来なくなるので「無料」で初期拠点に倉庫が戻ります。

領土戦の翌日に、このように戻ります。

 

2、せっせと混迷の地でしか獲得できない副資材を集めます。

この副資材がエピック加工に必要となります。

自由軍クランに村が所有されていない段階であれば、1日3回の回収が可能です。

 

3、交換所で高値取引されている、T4兵装に狙いをつけて生産します。

遼東重甲兵を選択しました。

理由は皆様お分かりのように、常に最前線で陣を構え、強クラン同士が相まみえる領土戦で全滅する確率の高い兵団ですので需要があります。

 

4、自由軍に拠点が奪われ、倉庫が初期拠点に戻りますので、初期拠点で販売開始。

一個2,000で試行販売しましたが、2時間で売れました。

手数料が1割かかりますので、1,800銀貨の収益です。

 

仮に100個の兵装を1個2,000で販売できれば、180,000銀貨の収入となります。

現在14万銀貨保持していますので、「25万銀貨の傭兵」が獲得できそうですね。

 

私の場合は混迷の地の拠点確保ができないので、一回限りです。

この武器商社活動を継続して行う「強クラン」の財政状況がいかほどか、ご理解いただけると思います。

圧倒的な銀貨で、エピック設計図を買い占めることでしょうね。

 

混迷の地領土戦開始前にしか使えない「わらしべ作戦」ですが、次シーズンに活用可能です。

「わらしべ長者作戦」お勧めですよ。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す