ヤフオク春の集大成

同じヤフオクストアから偶然同じ日が終了日の優良出品製品があったので、10日水曜日の夜に2台の端末を気合で連続オークション落札しました。

まさに今年春のオークションシーズンの集大成ともいえる結構白熱したビッドでした。

いつもお世話になっているストアさんの広告もかねて、今回の落札端末2台をご紹介致します。

ずっしり大きな箱と軽々小さな箱の2個配達完了となります、ヤマトさんご苦労様です。

一台目:ジャンク品のHP Z230 SFF Workstation Xeon E3-1225v3 メモリ2GB

落札価格が 6,250円(税込6,750円)+送料1,100円

全く競らない不思議なビッドでした、価格的にお得ですが「ジャンク」という言葉と少ないメモリが価格を引き留めたのかもしれません。

稼働品であれば、かなりお得な商品です。補修部品用に利用する方法でも問題がないと思い購入をしました、特にこちらの端末Z230の電源はカスタム品ですので壊れると代用は同機種からの移設以外ありません。

これは、先日ご紹介した富士通Primergy_TX1310_M1同様(電源から出ているのは16ピン!のMB接続コネクターです、売っていませんし、代替えは別端末からの移設になります)、Haswell世代のメーカー端末にかなり共通した何とも言えない不思議な仕様です。

二台目:ジャンク品の富士通 PRIMERGY TX140 S2 Xeon E3-1220v3 メモリ12GB

落札価格が 3,900円(税込4,212円)+送料1,600円

一方こちらはかなり厳しく競ったビッドでした、最後は絶対落札するという気合で何度も押し上げました。

「完動品であれば」落札価格は超お得プライス、しかしながら前扉はロック中で鍵なし、ゴム足なしといろいろジャンク要素がたっぷり詰まったサーバー端末です。

SASのボードが搭載されていることはストア掲載の写真で確認済みですが、前扉が外れた写真はないので搭載SASディスクの大きさと搭載マウンタの数が分かりませんでした。

おそらく3.5インチと想定して、ギャンブルビッドしました。(この前落札した3.5インチSASディスクを搭載したいと思いました)

かなりギャンブル要素が多い、何かとお楽しみ要素たっぷりな一台となっています。

こちらの写真で、搭載ディスクの大きさと台数が見えますね(笑)。

これから、2台の起動検証確認に入りますが、続きは明日以降の投稿とさせていただきます。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す