キッチン改修・床鳴り解消!

本日午前中に大工さんと施工会社さんがいらっしゃって、床鳴りの補修を行いました。

結論から申し上げると、床下にもぐって、下から数本の柄とたくさんのくさびを打ち付けて、根太を強化したことですべての床鳴りが止まりました。

床鳴りの原因は「根太と床材」の空間ができたことに起因しました。

と、いうことで私なりの分析があっていたことが実証できました。

 

床鳴りに悩む、全国の皆様

もし床下にもぐれる開口部があるようでしたら、是非床下にもぐって根太を床材に接着させてみてください。

それで、床鳴りが解消するかと思います。

上から接着材や床鳴り解消液でも、治る可能性はありますが、長期的な解消法であれば根太を床下方向から補強するべきと考えます。

次に問題が起こった際の修繕・解消法が分かりました。

 

これで、全てのリフォームが終了いたしました。

半年前のお風呂リフォームと合わせると、総額約300万円程度になりました。

結構な出費になりましたが、長期的に見れば必要な支出でした。

 

また今回取り上げませんでしたが、トイレも新型便器に入れ替えました。

節水機能が強化されていますので、長期的な節約になりますね。

 

長年住んだ家のリフォームが必要な皆様、夏場のリフォームを避けて取り組んでみては如何でしょうか?

お勧め時期は「秋」「初冬」ですね。

室内リフォームですと、暑い時期は最悪です。

今年は、12月でも日中は暖かいですね。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す