AutoChess試してみました(追記)

ちょっと前から気になっていた「AutoChess」をインストールしてプレイしてみました。

過去にご紹介した「DotaAutoChess」系のゲームですが、こちらのバージョンは「Dota2」のキャラデータをそのまま利用しているわけではありません。

インスパイアされたキャラと、新たに加わったキャラがかなり豊富なものとなっています。

 

インストール方法:

PC版の「EpicGames」からのダウンロードとなります。

今ちまたで騒がれている「銃を撃ちながら建築するゲームのPC版」と同じ方式ですね、ここは触れずに置きますね。

こちらのPC版はアーリーバージョンのようです。

 

課金要素はキャラのアイコンやデザイン限定のようです。

 

プレイをしてみて:

Dota系のチェスと比べると「結構忙しい」と感じます。

駒のアップグレードだけでなく、アイテムの取得・加工と常に操作を要求されます。

 

コインの枚数がかなり貯まりやすいので、リロード回数も増えます。

他者と被らないシナジーを選択できれば、運ではない「勝利」が引きやすいと感じます。

 

他のDOTA系チェスとの違い:

1、コインが貯まりやすいので、リロード回数が増え☆3の駒が作りやすい。

2、落ちるアイテムを合成して強化できるので、合成の作業に時間がとられる。

3、見慣れない駒がかなりあるので、前もって調べておいた方が良い。

4、他の7人のプレーヤーのシナジーも確認する必要性がより高い。

 

もちろん「Dota系Chess」はかなりプレイしていますので、初めての対戦の結果は”1位”でした

 

2試合目も一位。

 

3試合目も一位でした。

 

ランクマッチ4連勝。

 

ポーンの9まで上がりました。

 

まずはレベルを10まで上げて、それからリロードを回しながら☆3を作っていく方が良いと思います。

10個のキャラを使う方がより複数のシナジーを組みやすいです。

 

ランキングを見ると、すでにかなり高いランキングの方がたくさんいらっしゃいますね。

ランク上げ、少し頑張ってみます。

 

**30日追記:

ポーンからナイトを抜けて、やっとビショップランクまで来ました。

明日でシーズンも終わるようですので、次のシーズンはさらに上を目指していきます。

ちなみに戦歴は:33回ランク戦を行って、9回1位になっています。

平均順位は3位とのことです。

いろいろ変わった新シナジーを試すと、順位が下がりますね。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す