毎回驚き中国のカップ麺

最近、中国に行くたびに思うことの一つが「カップ麺」の味と技術が向上していることです。

今回は見慣れない商品を、昨日ご紹介の沃尔玛で購入しました。

こちらの商品・今麦郎 刀削宽面 红烧牛肉味になります。

価格はセールで4.9元、おまけにお椀がついていました。

中身はこちらになります。

特徴は、味を調える調味料が多いこと、昆布等の実物別袋が付いていること、麺がノンフライで別梱包、そして中国のカップ麺全体に共通することですが「フォーク」が付いています。

フォーク付属の理由ですが、中国のカップ麺が長距離列車内で好んで食されることに関係があるかもしれません。

旅先で食べる際には、やはりあると便利です。

出来上がりはこちら。

素直にうまい。麺がもちもちしていて、刀削麺の触感がしっかりあります。

正直、今まで食べたカップ麺の中でも印象に残る一品です。

その味に驚いたので、こちらの酸辣牛肉味も購入しました。

こちらもお椀がついていました。(上についていますね)

味ですが、黒酢が好きな私、こちらの方がより好みでした。

めちゃうまい、今まで食したカップ麺のベストに挙げます。

カップめんの加工・製造の技術が上がり、麺の触感が向上していること、味を調える調味料を数個くわえて、尚且つ昆布や山椒等の別袋を加え、更なる味の深みを加えています。

そして、面白いのがこちらの懸賞。

裏にQRコードが付いており、WeChatでスキャンすると、外れなしでお金が入金されます。

一枚当たり、0.3元入金されました。

少ないお金でも、直接現金が当たるのはすごいですね。

金額的にカップめんの割引還元とみるのが妥当ですね。

是非、中国にお越しの際は「カップ麺」試してみてください。

日本で生まれたカップ麺ですが、中国で相当の進化を遂げました。

私の独断と偏見ですが、中国のカップ麺の方がおいしいです。

日本のYoutuberで日本のカップ麺を食べてレポートされているかた結構います。

しかし、中国のカップ麺等、海外のカップ麺をレポートしている人見たことありません。

Youtuber志望の皆さん「チャンス」ですよ!!(たくさん購入しても高額にはなりませんね)

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す