ゼロからビジネスプラン作成

ありがたいことに前日の投稿も結構アクセス数がありましたので、ここは元へっぽこ経営者としてお役に立てるかは分かりませんが、これからを創る若者向けにビジネスプランをどんどんご提供していきたいと思います。参考程度に読んでいただけると嬉しいです。

そこで本日は「ゼロから入賞できそうなコミュニティービジネスコンテスト起案をつくるなら」を考えました。

いつでもロジカルシンキングの訓練ですね。

起案の前提:
まず、一般的に起業するなら、初期投資がかからない事業を選択する方が良い。経費がかさまなければ、事業が長く継続できます。
そうすると、選択肢は必要経費が極めて低い、「実店舗を持たない」ネット・IT関連事業に集約しますが、その技術・技能がないとできない。
だからこそ、まずはその技術を習得する必要があります。

やはり、問題の解決には「IT教室」が必要。
その中でも、今流行のYOUTUBER養成所を選択してみたい。
だれでも、自分が経験してきた有益な情報や知識を共有してみたいと思うはず、これが地域のコミュニティーの発展にリンクできれば理想。

これで、地域にたくさんの有名YOUTUBERを確保できれば、必然的に自治体の収入もUP。
そして、YOUTUBERコミュニティーが地域に確立されれば、地域の起業支援・雇用確保にも貢献可能ですね。

行うビジネス:
地域の大人&学生たち向けに、「目指せ有名YOUTUBER、PREMIERE_PROマスター教室with撮影スタジオ」を開設。
設備の整った共用の撮影スタジオ&編集サービスは、地域に一か所あると便利です。(まずは自分も配信可能な小さなスタジオから)
快適エンコードに対応した高性能ワークステーション(ヤフオクでZ440を落札したいですね)はもちろんのこと、クロマキー・防音の効いた撮影専用ボックスと高品質マイク、これはこれ単体で、ビジネス展開できるような気がいたします。

メリット:
学校でもプログラミングを課程として取り入れるそうですが、さすがに撮影と映像編集は扱わないと思います。
しかしながら、YOUTUBERは学生たちにも人気の職業、需要のある所に投資を行う、論理的。
もちろん撮影とサムネ画像・映像編集技術については、YOUTUBERなら避けては通れないところです。
もちろん自分のYouTubeチャンネルで授業内容を録画配信して、しっかりアフィリエイト広告収入確保も狙います。

デメリット:
収入が授業料・広告収入だけになるのは、少々偏りがあるような気がしますので、併設の撮影スタジオと映像編集補助で収入確保。
初期投資コストがそこそこかかるので、そこが最大のネックでしょうか。

まとめ:
実店舗と設備を保持しようとすると、相応の初期投資がかかります。
**直近、各自治体で空き店舗活用のためのコミュニティービジネス店舗運営助成金があるので、そちらを問い合わせすることをお勧めします。

また、映像編集関連ともなると、経営者自身に技能がない場合、技能者確保が不可欠。給与面の費用も、それなりに用意する必要があります。
そして、資金がショートすれば、事業継続はできません。
それを避ける選択肢はランニングコスト確保、初期投資返済・回収のためにも「高い収益性」のある事業で収入をしっかり上げること。

結論:
「実店舗を保持したITコミュニティービジネス」を継続するためには、高い収益が確保できるプランと顧客があること。
お金をしっかり払ってくれる顧客がいないと家賃・人件費も払えません。
何よりも優先するのは、「市場があるかどうか」を時間をかけてマーケティングすることです。(市場がないと私と同じ結果になります)

「高い技能を保持する人材は、教育に高い費用と時間をかけた方、高収入で迎えるのが論理的」
「高い費用と時間をかけた方から高度な知識を享受するなら、高い授業料を払うのも論理的」

まずビジネスに必要なのは高技能人材。人材こそが企業の主幹・資産であること。
できうる限りその地域の人材を採用・育成することで「地域コミュニティービジネス」の枠にも入るかと思います。

最高の案か否かは定かではないですが、いかがでしょうか?

ご意見・ご感想お待ちいたしております。(ブレインストーミングできれば嬉しいです)

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す