コンカラーズブレード:鎮国軍初めてのお給料

昨日、鎮国軍とは?そして見習い軍人を始めた内容を投稿しました。

結構見てくださる方が多かったので、今回はサラリーマン軍人の風紀委員活動をお勧めしたいと思います。

 

まずは論より証拠:

昨日、中士任命を受けてからの初のお給料がこちら。

戦貨10500です。

お給料が出るなら、喜んで職業軍人いたします。

 

鎮国軍の良いところ:

1、最低限の業務が簡単

とにかく領土戦の日に「2拠点」奪回すればよいのです。

これで、ランクが上がります。

もっと上げたい方は、さらに奪還する箇所を増やせばよいだけです。

 

2、領土戦の参加時間が少なくていい

自由軍クランに参加する場合、おそらく領土戦の時間の全てを領土の取り合いに使うことになります。

そして、兵団の回復にも相当の費用を取られることでしょう。

加えてクランの場合、領土戦に参加しないと気まずくなりますね。

 

3、お給料がある

ランクに応じて、公国からのお給料があります。

おそらく一旦獲得した貢献度は下がらないと思いますので、定期的な振り込みがあると思います。

毎日払いか週払いかは、来週までには判明すると思いますので、改めてご紹介いたします。

 

鎮国軍のデメリット:

1、ウィークリークエストの山賊の巣窟が回しにくい

自由軍クランの場合、メンバーに声をかけてすぐに回せますが、鎮国軍はレベルがバラバラ。

チャットで声をかけても、上級者ばかりが集まるわけではありません。

うまくパーティーが組めればいいのですが、、、、

 

2、自由軍クランが強大化すると、成すすべが無くなる

T4&T5兵団装備が生産可能になる城を確保したクランが出てくると、どうにも対応策がありません。

鎮国軍の拠点の城ではT3武器までしか生産できません。

この時点になると、多数の正規軍から自由軍への離脱が起こるでしょう。

**クラスファーストのソルジャーでも離脱を考えるでしょう。

 

終わりに

自由軍クランは獲得領地の資源に税率を設定できます。

これをかなり高めに設定しているクランがあります。

そうすると、新規プレーヤーは段々採掘をしなくなります。

 

鎮国軍が領土回復すると、無事公正な最低価格レートに戻ります。

公正と公平を愛するあなた、鎮国軍に参加しませんか?

風紀委員会はあなたの参加をおまちしています。

 

これから新規で始める方、是非私の招待コード使っていただけると嬉しいです。

「02XVSQUN2B」です。

よろしくお願いいたします。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す