母親の携帯回線の運用方法

表題の件ですが、正直悩みました。

その中で一番安く「通話回線維持」ができる方法として、本日ドコモでハーティ割引を利用して、AUからのMNP乗り換えをしました。

プランはSSバリュープラン適用で、機種はF-03Jキッズケータイの購入となります。

端末価格は皆様おなじみの一番安い金額です。

おそらく、通話状態の回線を維持する方法で、一番維持費用が安いのは、この方法と思います。

ちなみに、この3Gバリュープランへの変換の方法は今月末までしか選択できません。

料金的にはSSバリューが1,864円、そこからハーティ割の60%引きが入って、785円の月額料金になります。

ちなみにハーティ契約の場合、新規事務手数料はかかりません。

SSバリューは1,000円分の無料通話が付帯しますので、主に電話の受信だけであれば、料金がオーバーすることもないと思います。

ちなみにこの無料通話分は使わない分を3,000円分まで自動繰り越ししますので、電話代が安くなるのはうれしい限りです。

キッズ携帯では電話番号が押せませんので、写真のP-01Hを利用する予定です。

こちらのガラケーは、最後のドコモガラケーということでSIMロック解除もできる優れものです。

ちなみにロックはすでに解除済みです。

こちらの端末、今では購入できませんので、新品ですとプレミア価格の一品になりつつあります。(こちらは新品です)

ドコモの「3G」、通話だけなら安くて非常にお勧めです。

ガラケーは丈夫で且つ電池の持ちも素晴らしく、やはり災害時に強い端末でもあります。

今のガラホは思ったほど、電池の持ちがよくはありません。

前にもご紹介しましたが、2台持ちでお安く運用しましょう。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す