携帯・スマホは2台持ちがお勧め

昨日ご紹介したガラホ・KYF37ですが、ここで疑問があると思います。

「スマホじゃないの?」「JR乗れないでしょ?」

答えは「通話は電池長持ちのガラホ、データはiPhone」です。

つまり、私はiPhoneとガラホの二台持ちをしています。

この方法の利点は「データ」は格安データ専用SIMを利用して、通話SIMは3大通信事業者を「データ機能なし・通話専用」で利用することで、費用を大幅に削減できることです。

ご存知の通り、3大事業者のデータ通信料は格安データSIMと比較すると安くありません。

家族間シェア等、いろいろなオブラートに包まれていますが、正直データ量と値段を比較すれば一目瞭然です。

特に、通話とデータを一つのSIMで行おうとすると、どうしても料金自体が上がります。

で、あれば2つを分割して役割ごとの端末を持つ方が料金も安いですし、電池も持ちます。

特に、ガラホは電池の持ちがなかなかに良いです。(もちろんガラケーがベストですが、3G通信も終わりが近いようです)

ちなみに格安データ専用SIMですが、私は楽天モバイルをお勧めします。

データSIM契約方法ですが、必ず「価格コム」経由で契約してください。(もちろんSMSなしで)

価格コム経由の場合、7か月後に8,100円帰ってきますので、かなりお安くSIMを利用できます。

また、3.1ギガの容量がありますので、動画を見たり、ダウンロードをしなければほぼ問題ないと思います。

もちろん、お分かりかと思いますが大容量通信は「家のWIFI」でお願いします。

しっかりと家のWIFIネットワークを整備してくださいね。

お勧め設定としては、WIFIのMACアドレスフィルタをかけることで、部外者のアクセスを完全シャットアウトすることです。

WifiのIDステルスも加えれば、パーフェクトかと思います。

光ネットワークに関しては、私の自宅は4Kテレビの受信に「フレッツテレビ」が必要ですので「フレッツ」を選択しています。

携帯2台持ち、お勧めですので是非行ってみてください。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す