停滞したときには現状分析が効率的

10月2日から始めた「雀魂」、一つランク上げるのは比較的容易でした。

一つ上の「雀士」でほとんど停滞気味です。

 

停滞した時には、現状を認識して分析するのが私の流儀です。

経験上、停滞するときは、運や環境に問題があるのではなく、「自分の考え方と技量」に問題があることがほとんどです。

生活上でも、ビジネス上でも。

 

これまでの経歴紹介:

雀士までの経歴。

17局東風戦を打って、雀士まで上がりました。

 

そこから本日までの経歴です。

44局打っていますが、ランク自体にあまり変わりがありません。

現状の分析を行うと、

1、「1位率」が10%近く下がっています。

2、和了率が5%下がっているので、相手の回避技量が高いことが理由と考えられます。

3、リーチ率も5%下がっているので、ランクの上がった相手の速度に負けて、勝負を降りています。

4、平均和了は満貫ラインを超えているので、攻撃力はそのまま。

 

分析からの結論:

ランクを上げるには、基本の打ち方を「喰いタン」や「鳴き」等の高速聴牌で攻撃力の低い役に変える必要があると考えます。

スピード重視にしないと、押し負けるのがありありと見えます。

 

気持ちとしては、「喰いタン」と「後付け」”なしなし”が選択できるようにしてほしいとも考えます。

やはり私は完全先付け育ちで「大きな役」を作るのが好きなようです。

加えて「喰いタン」を本能的に避けます、これを変えないと近代「ありあり」が打てません。

**現在は完全先付けは「マイナー」なようですね。

 

しかしながら、自分を変える良いきっかけでもあります。

自分のスタイルを180度変えて「近代麻雀」を実践してみます。

自分を変えて、停滞を突き抜けてみたいと思います。

**ちなみに海外の麻雀はこの「ありあり」が普通のようです。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す