高齢者こそマスクをしてほしい:追記

今回の武漢からのチャーター便で帰国された方、全ての方が新型肺炎の検査を受けました。(拒否の2人の方は陰性でした)

その中で、発熱された方ではない、健康体の2人の方から陽性反応が出ました。

この記事を読んでみてください、新たな事態です。

 

**2月1日追記:

武漢からの第2便で陽性反応が出たお2人も「症状なし」だそうです。

ゆっくりこの「無症状の感染」の比率を考えてみてください。

 

「症状が出ないケースが一定程度あることだ。そうした人たちから感染するリスクが否定できず、知らず知らずのうちに広がるおそれがある、」

WHOの専門家のお言葉です。

 

まったく症状がない4人が感染していたということは、検査キットを用いない限り「判別しようがない」と言うことになります。

熱も咳もないのに、医療機関を受診することはないでしょう。

そして、周りの人も新型肺炎を疑うことはないでしょう。

ましてや、新型肺炎の検査をするとは思えません、おそらく門前払いでしょう。

 

今回は極めてレアケースで症状のいかんを問わず、全ての人を検査したので分かりましたが、普通では分からないでしょう。

世界中で行った新型肺炎の感染検査の中でも、極めて有用なデータだと思います。

高齢者と免疫力の低い方が重病化する、この病気の厄介な点ですね。

 

問題は、この無症状状態でも唾液等で感染が広がるのかどうか?

感染するのであれば、最大潜伏期間の2週間どこへでも動け、新たな感染拡大が起こるやもしれません。

 

日本で無症状感染の方が相部屋で12時間一緒に過ごされたそうです。

きっと、いろいろ現地生活等の世間話をしたことでしょう。

 

「熱もないし、咳もしていない、極めて健康」。

でも、潜伏期間は最大2週間で、感染しているか分からない。

熱や咳の症状が無いのでどんな簡易検査もすり抜ける、相当に危険な病気ですね。

 

こちらの記事にも記載がありますが、「中国では無症状の人からの感染が確認されており、日本でも感染の可能性があると考えて対策を打った方がいい」と。

この一文は重いですね、”ある”と考えるべきです。

 

そして個人的な問題ですが、自分の父親にマスクをさせるのが苦労です。(在庫は500枚ほど、毎年たっぷり用意しています)

なんで、感染すると一番まずい高齢者(特に男性)がマスクをしないのか意味が分かりません。

自分が加齢をせずに若いころと同じで”体力も知性も判断力も劣化なし”と思っているのでしょう。

マスクもせずに飛沫感染する距離で会話、頼むから気を付けてください。

 

ちなみに私は外出時でマスクをしない時間は基本、飲食時だけです。

携帯電話はiPhone8、指紋認証だけ、顔認証はNGです。

飛行機搭乗時は「飽和水蒸気量の学習」をした20数年前から、常時マスクオンです。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す