団塊jr世代の母親の皆様、敬服致します

引き続き、データですが、厚生労働省・平成29年(2017)人口動態統計表を参照しております。

加えて、出生数に関する興味深いデータです。

母親の出産年齢ですが、すべての年代で出生数減少ではなく、「団塊ジュニア世代」のみ増加しております。

45~49歳  1,450人(28年 1,350人)

50歳以上  62人 (28年 51人)

敬服以外の言葉が見当たりません。

「消滅可能性都市」という言葉、耳にされたことがあるかと思いますが、統計の前提の数値算出方法が「20~40歳までの女性の人口数」を基準にしています。

つまり、出産可能年齢の女性がいなくなると、その地域の存続性が危ぶまれるということです。

しかしながら、

40~44歳 52,101人 (28年 53,474人)

が、出産数となります。

「消滅可能性都市」、統計の算出基準が少々おかしいですね。

今から4年前の統計ですので、もう一度統計されてもよいのではないでしょうか?

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す