人民元が安くなってます

直近の人民元のレートには目を見張ります。

こちらの過去5年のレート表をご覧ください。(5年のボタンを押してください)

2年前ぐらいは1元17.5円ぐらいで安定していましたが、今では15円近くになっています。

ちなみに2015年には1元20円を超えていました、この変化には驚きです。

昔、香港に駐在していたころに香港ドルと人民元が1対1になった時にも衝撃を受けましたが、今回仮にまた1対1になったら更なる衝撃ですね。

この変化は確実に日本の経済活動にも大きな影響を及ぼします。

中国から日本に来る観光客にとって、急速な値上がりに感じるからです。

7月に中国に行った際に私がシンセンでの買い物がお安く感じたように、日本に来る方にはお高く感じるはずです。

高く感じれば、モノを買わなくなりますし、通貨が下落している「韓国」へ渡航先を変える可能性が高くなります。

現状、銀座、新宿、池袋のお店に入れば、従業員の話す言葉、お客さんの話す言葉、どの国の方の消費が一番強いかすぐにわかるでしょう。

この日本の経済を支える消費が落ちると、かなり状況に変化が起こるでしょう。

日本で商品を購入して、中国で転売をする多くの貿易商にとってこの状況はかなりの悪夢のはずです。

この人民元安で、現に中国人投資家も東京の不動産を売りに入っているようです。(対円でもRMBレートが下がっているので、人民元建てだと儲かりますね。円安で日本企業に“円建てで”利益が出るのと一緒ですね)

中国に行く日本人にとっては、確実にお安く感じるはずです。

中国へ夏休みのご旅行如何ですか?

深圳で買い物、楽しいですよ。

お勧めはやはりウォルマートですね。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す