休眠会社の確定申告(追記)

ちょっと真面目な仕事のお話。

 

私が過去に設立した株式会社の確定申告は6月、と言うことで提出書類の作成をいたします。

作成と言っても、業務の一切を行っていませんので、起業時に計上した費用(損金)の繰り越しだけです。

 

どんな会社でも、会社登記時の費用や印鑑作成費用等は拠出しています。

それが、最速の”創業日翌日の休眠”であっても。

 

前に税務署にご相談に行った際に、世間話をしました。

世の中には、会社設立後一回も確定申告をしない会社もあるそうです。

 

そういった企業の書類は、そういった企業の書類を集めた部屋に移動になるそうです。

私の会社も年に一度の確定申告書類を送付しなくなると、青色申告を失い、その部屋へと移動になるのでしょう。

しかしながら、私は好奇心旺盛なので「10年間とことん確定申告書類を送付したい」と思っています。

 

仮に、休眠中の会社を改めて復活させる可能性も「万が一の確率程度」であるかもしれない。

その際に、青色申告を確保し、損金を繰り越しておいた方が後々お得ではあります。

 

申告書類の作り方:

税務会計に利用しているソフトは、無料で利用できる「Rucaro」。

利用している外部サーバー上に置いてあるので、どちらからでもアクセス出来る会計ソフト。

安全性はメールアドレスを利用した2段階認証で確保、高機能です。

何より便利で無料なのが素晴らしいです、但しサーバーインストール型ですので相応のPCスキルが必要です。

 

こちらの必要情報を確認して、PL&BSをプリント。

これで、おしまい。

後は税務署の担当部署に「すでに9年分書き置きしてある」OCR指定書類と共に送付するだけです。

(11日追記)

一応念のため、都税事務所と税務署に確認のお電話。

税務署の方に提出する書類に「別表7」の不備があることが判明。

と、言うことで予約を取って直接訪問。

いろいろお伺いすることにしました。

何事も、勉強ですね。

 

今度は来年6月ですね。

一応、こちらのサイトの題名「最速で会社を潰した男の日記」のタイトル維持のため、会社アホ役員兼学生である私の最低限の責務は遂行いたします。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す