決算期末にZ440をゲット

先日「決算期末はヤフオクに出品されるリース落ちPC端末が多くなります」という内容の投稿をしました。

勿論、私も絶賛利用中のHP製ワークステーションの更なる上位モデルを狙っておりました。

欲しいものは一点「Z440」です。

 

落札平均が常に2万円を超える、処理能力のある高級ワークステーションになります。

昨日、やっと落札できましたので早速ご紹介いたします。

なんと昨日落札した商品を、次の日に投稿してしまいます。

情報は鮮度が命ですね。

 

落札価格は、21,067円+税でした。

おまけ割引としては、5の日のクーポンで千円引きとヤフオク毎日くじの3千円が割引となります。

送料が千円とすばらしく良心的なストアです。

 

取り急ぎ投稿する理由は、同仕様の端末が今まだ出品されているからです。

「Z440」で検索されると、すぐに見つかると思います。

是非ご参考にしてみてください。

運よくお安く落札できるといいですね。

 

スペックはこちらです:

メーカー:HP
型番 :Workstation Z440
CPU :Quad-Core Xeon E5-1620 v4 3.50GHz
RAM :16GB (8GB×2)
HDD :500GB ×1
グラフィック :NVIDIA GeForce GTX750 Ti 2GB ELSA製

 

特記事項はCPUをご覧いただくと分かりますが、Z440の後期型のモデルです。(経年が少ないです)

後期型はあまり中古市場に出回らないので結構めずらしいのです。

 

前モデルのZ420の例ですが、前期型と後期型で搭載できるCPUの形式が違います。

Z420は搭載システムBIOSが前期と後期で異なるので、前期型に「Ivy Bridge」が搭載できません。

Z440もおそらく同様であろうと考え、Broadwell標準搭載の後期型を狙っていました。

細かいところですが、標準搭載のDDR4メモリの周波数も違います。(こちらのモデルは2400です、Z240と同じですね)

 

箱の中身はこちら:

緩衝材がたっぷり入った、安心梱包でした。

結構綺麗です。

 

外観です:

かっこいいですね。

 

中身を確認します:

GTX750ti(ELSA製)でした。

中はピカピカの新品みたいです、きれいです。

電源も容量があるので、GTX960もしくはGTX1650を移設する予定です。

 

起動確認を行い、BIOSとメモリの確認、そしてWindows10の起動確認を行いました。

音が静かでいいですね。

 

それから、Cinebench20を回します。

1,699ptでした。

アップデートも何も行っていない状態ですので、今後スコアの上昇があるかもしれません。

 

取り急ぎ起動確認までで、今後はSSDの増設とグラボの移設を行います。

目指せゲームパソコン化ですね。

お楽しみに。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す