秋葉原でロープロ探し

皆様秋葉原にはよく行きますか?

昨日午後、所有のZ230用のロープロファイルのグラフィックボードを探しに秋葉原に行ってきました。

前にご紹介した、秋葉原最終処分場ショップインバース1号店への訪問を含め、数店舗回って情報収集を行ってきました。

ちなみに昨日の秋葉原はゴールデンウィーク前でしたが結構混んでおりました、今日からはおそらくたくさんのお客さんでごった返していることでしょう。

1、秋葉原最終処分場

ツイートされていたロープロHD6450ではなくHD7470(確認なしジャンク)を税込み540円で購入いたしました。

稼働すれば、お得なロープロファイルのグラフィックボードになります。

帰宅後、さっそくZ230・3号機に増設しましたが、問題なく稼働しています。ただし、少々古いAMDのグラボですのでドライバーの当て方に難があります。(結果論:違うカードのドライバーは当たりませんよね)

ドライバー導入時の試行錯誤中に、Z230で初めてブルースクリーンを見ました。

試しにPath_of_Exileをインストールしてみましたが、残念ながら最低設定でもまともなゲームプレイは無理でした。

Z230は3台所持していますが、メイン機にはこちらのグラボの導入はしません。やはり、Nvidiaのグラボがいいですね。(ブルースクリーンはあまり見たくないものです)

**こちらのグラボですが、AMD Radeon HD 7470のようです。楽天のショップの写真そのままですね。動作保証付き2千円+税ですので秋葉までの交通費とご相談ください。

2、ショップインバース1号店

ECC付メモリーとロープロファイル用グラフィックボードを探しに行きましたが、今回はありませんでした。

3、もう一つの目的「グラボ情報収集」

省電力で補助電源のいらないGTX1650が販売されましたので、GTX1650に関する情報を聞いてきました。

数店舗回りましたが、ロープロファイル用グラフィックボードですと現状GTX1050と1050tiがベストの選択になります。

型落ちということで、ツクモで少々ディスカウントされていました。おそらく今後廃版になるので、もう少し待てばよりお得な価格になるかもしれませんね。(売り切れになるかもしれませんので、ご注意を)

ちなみに、RadeonのRXシリーズにはロープロファイルはありません。

具体的な販売の日程はわかりませんが、今後発売されるであろうGTX1650のロープロファイル用グラフィックボードが今後の最適解になると思われます。

今のところGTX1650はオーバークロックモデルを除き、すべてのモデルで補助電源供給が必要ありません。省エネグラボはやはりいいものです。

MB供給に加えて、150Wもグラボにとられるのは「エコ」ではないですね。

**ペリフェラルを6pinや8pinに変換するのは危ないのでやめましょう。ペリフェラルは本来HDD等ドライブ向け電力供給用であり、75Wや150Wの大容量を供給するものではありません。グラボ向け6pinや8pinの付いた電源に買いかえるか、補助電源のいらないグラボにしましょう。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す