お得さ抜群Z230_SFF

前投稿に続き、10日水曜日の夜に落札した2台の端末の内の残りの1台の検証をお届けします。

こちらHP_Z230_SFFはすでに手元に2台持っていますが、安定・お勧めのワークステーションとなります。

詳細:ジャンク品のHP Z230 SFF Workstation Xeon E3-1225v3 メモリ2GB、グラフィックボード欠品です。

落札価格が 6,250円(税込6,750円)+送料1,100円となります。

まずは外観を確認すると、残念ポイントがありました。

ゴム足が4つ欠品しています。

メモリが2Gしかないこととグラフィックボードがない問題を解消するために、先日CPUをx3430に取り換えて利用していた「鼻毛サーバー」からメモリとグラフィックボードを流用しました。

メモリはECC付ではないPC3L-12800_4Gを4枚とQuadro_600をロープロファイルに付け替えて搭載しました。

CPUを変えたばかりでしたが、これで「鼻毛サーバー」は長い休眠(もしかした永遠の?)に入ることとなりました。長い間ご苦労様でした、いい端末でした。

加えて、新品の7200rpmの500G・SATAディスクを搭載しました。

これで準備も完了しましたので、Windows10Proのインストールとなります。

こちらもあっさりと問題・エラーなく、無事インストールが完了しました。

Z230は3台目ですのでBIOSアップデートのやり方も分かっていますので、最新版にきっちり仕上げました。

CinebenchR20のスコアですが、1204cbとなります、下記ご覧ください。

重さはだいぶ違いますが、昨日のTX140_S2より若干速いですね。

ちなみに、SSDとQuadro_K600を搭載するHP Z230 SFF_E3-1270v3のCinebenchR20のスコアは1655cbとなります。(ハイパースレッディングの有無が結果にしっかり出ます)

こちらのHP Z230 SFFですが、こちらのサイトで何度も申し上げていますが、本当に薄型で軽くて・静かで・省電力・性能が高い「万人向け」の素晴らしい端末と思います。お手元に一台あっても決して後悔のない、きっちり整った一級ワークステーションです。

欠点といえば、中古品ですので経年劣化による「電源故障」の可能性が怖いくらいです。Z230 SFF搭載電源ですが、240W・92%効率となります。
(この欠点はどの端末にも当てはまることですが、汎用性のない電源を搭載するメーカー機は替えが効きません。しかしながら、あっぱれ高効率80Plus_Goldカスタム電源です)

カタログPDFはこちらでご覧ください。

結論:全く問題のない稼働品でした。こちらの端末もかなりお得な商品でした。ジャンク品を2台落札しましたが、ともに安定稼働する商品でした。運がよかったですね。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す