お風呂のリフォーム

本日午前中、リフォーム会社の方にお風呂のリフォームの見積もりのために下見に来ていただきました。

従来型のタイル風呂から、ユニットバスへの変更です。

タイル浴室にひびがたくさん入ってしまい、コーキング材での補修では見た目もかなり悪くなったので、天候もいい時期の改修を考えました。

工事もタイルをはがし、床にコンクリートを貼るようですのでおおよそ一週間の工事となるようです。

加えて、ユニットバスも色や様々なパーツが選択できる、セミオーダー品なのでユニットバス自体の納期がおよそ3週間かかるそうです。

いろいろ説明いただき、カタログも併せていただいたのですが、選択肢がかなりあるのに驚きました。

浴室の壁の色から、シャワーヘッドや付属品までいろいろ選択できるようです。

こだわる人だと、一つ一つの付属品を細かく選ぶのでしょうね。

私はどんなことでも、可能な限り選択肢は減らしたい派です。

限られた時間は有効的に使いたいものです。

ですので、こういう時は「一番安い標準付属品」で統一するのが選択肢が一番減ります。

こうすると、標準品以外の付属品は無しで、浴室内の色が艶ありかマットの白色の2択になります。

やはり最低グレードか、最高グレードを選ぶと選択も簡単になります。(基本最低グレードを選びますが)

あとは、見積価格がどのくらいなるのかに興味があります。

ぜひお願いしたいので、あまり高くならないことを期待しています。

また、最近のユニットバスの工事にも非常に興味がありますので、工事が始まったら写真付きで毎日の経過をお伝えしたく思います。

記録映像も取ってみようかなとも考えています。

**ゴールデンウィーク明けにシンセン渡航でタオバオ三昧の予定でしたが、予定の変更を余儀なくされそうです。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す