コンカラーズブレード:ゲーム本質の面白さ

昨日、夜(南米の早朝)なかなかマッチングしない攻城戦を待っていると、所属するクランのサブリーダーが話しかけてきました。

スペイン語でしたので「英語で?」と話したら、快く英語に。

ペルーの方で、レベルは青の53、相当に強い方と思います。

 

クランの発展を願って

小一時間ほどクランチャットでお話しました。

まずは、日本からつないでいること、そして「なぜ?」と聞いてきたので、現状のAsiaPacificサーバーの日本人クランの状況を伝えました。

城一つでも、獲得・維持することもほぼ無理、同盟で攻撃を受けてしまう。

 

いくら凄腕さんでも、立て続けに攻められるとT5兵団が摩耗して「お金」が尽きてしまいます。

なるほど、それでは始めたばかりの方はさらにツラい。

 

そして、話はSouthAmericaサーバー雲川地区。

一つのクランが占領状態ですが、今週の土曜日(日本の明日早朝)に領地戦を行う計画があるとのこと。

これはうれしい。

是非、拠点を数か所獲得したいとお話。

もちろん、自分もレベル上げをして参加したい。(T3兵団がやっと運用可能になりました)

 

このゲームの本質

このゲームの本質が分かっている人は多くはありません。

このゲームは武器ショップ運営「商売・金策」が重要なのです。

AsiaPacificサーバープレイ時参加の日本クランが城を獲得して、この本質に気が付きました。

 

城を獲得しないと「T4とT5」の武器は作れません。

村を獲得しないと、武器を作る資材を効果的に集められません。

城と村を獲得すれば、「T4とT5」の武器の量産が可能になり(T5武器用資材はマーケットで確保)、それをマーケットで販売することで、クランのメンバーの金策が潤沢になります。

お金が回りだせば、お金がかかる”クランのT5兵団”の維持管理が容易になります。

 

T5兵団がスムーズに運用できるようになれば、領地の拡大が容易になります。

その時点で、現状「混迷の地」を連盟で占領する、強クランの一員として☆アライアンス同盟の参加交渉資格が生まれてきます。

「混迷の地」に拠点が確保できれば、「混迷の地」でのみ獲得できる「T5」武器用資材がさらに量産・販売可能になります。

 

このサイクルに気が付き、経済を回せることが英雄クランへの道となります。

 

昨日夜時点で、SouthAmericaサーバーの交換所で販売されている「T5」武器は7個のみ。(AsiaPacificサーバーでは、それはたくさん)

まだ、T5武器量産化・お金持ち計画を運用するクランはいません。

そして、R4資材が普通に刈られていない現状。

まだチャンスはある

 

私の希望

自分の参加したクランの繁栄を願っています。

それを一員として成し遂げられればうれしいですし、それがこのゲームの本質の面白さかと思います。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す