やっぱりコンカラーズブレードは領土戦

本日朝9時から11時まで、SouthAmericaサーバーで初のクラン領土戦を行ってきました。

ズバリ楽しかったです、やっぱりコンカラーズブレードは領土戦です、これをせずしてこのゲームは語れません。

 

元々、雲川地区拠点を持たなかった我らがクランですが、結果をご覧ください。

2つの城と5つの村を占拠しました。

クランの皆さんの奮戦のおかげです、感謝。

 

SA領土戦の状況報告:

SAの雲川地区のクラン領土戦ですが「T5兵団」はほとんどいません。

T4兵団が主力、T3兵団でも十分な戦力の戦いとなります。

 

そもそも、最終兵器であるはずのT5兵団がうようよ動いているような戦場が異常です。

将軍がT5兵団に瞬殺される戦いはいまいちすぎます。

 

やはり、T3&T4の兵団同士の戦いが一番味があると思います。

T5の騎馬隊に蹂躙されまくる戦いは、そもそも緑ランクのプレーヤーに優しくありません。

 

領土戦ですが、基本「村と城」は空き地ですので、緒戦で無人の拠点を抑えてからが開始となります。

”無人の城”といっても、一応NPCの兵隊とボスがいますので、低ランク帯の方2~3名では厳しいかと思います。

 

無人の拠点を抑えると、元所有クランが兵団を送って、やぐらを組んでから、本格戦闘開始となります。

我らクランのリーダーは聡明で、一つの城を抑えて、その防戦をしながら、別動隊で近辺の拠点を抑える策を取りました。

その結果かなり固まった領土を確保することに成功しました。

 

リーダーは優しい方で、私が日本人であることを知っています。

英語チャットで指示をもらいました、感謝感謝。

 

領土をがっちり取って分かったこと:

城を二つ固まって取得すると、近隣の拠点村の通常徴収回数が3回になります。

これは驚き。

強いクランがさらに強くなる所以です。

資材回収&武器作りゲームになりますね。

 

そして、獲得した領土に応じて爵位が受けられます。

クランリーダーは「一等伯爵」になりました。

サブリーダーは「子爵」。

 

結論:

領土戦はコンカラーズブレードの華です。

熱いクラン同士の激突、ゲームの醍醐味ですね。

 

開始時間も南米の夜8時、日本の朝9時開始、11時終了、朝方人間の私にとっては願ったりかなったり。

夜9時半~10時に睡眠したい私にとってこの開始時間は本当にありがたい。

 

是非、今後SouthAmericaサーバーもしくは、AsiaNovaサーバーで参加してみてください。

クランメンバー一体で戦う、T3&T4主力の領土戦、楽しいですよ。

**AsiaPacificサーバーの領土戦は「ユニコーンガンダムに旧ザクで突撃するようなもの」ですので、お勧めしません。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す