無料で作るゲーム配信用映像(追記)

今回は一昨日ご紹介した「Path of Exile」のゲームプレイ映像をYoutube動画としてUPしてみました。

映像はこちら。

無料のソフトウェア「Shotcut」で作成しています。

ちょっと勉強してから、フリー音源を加えたものです。

 

12月18日追加:

Codecをハードウェアエンコードにして、少々品質を上げてみました。

上の画像と比較してみてください。

今度は映像中にキャプションを入れています。

サムネも「Shotcut」で作ってみました。

 

無料でもしっかり作りこみ出来ます。

「お金がない」しかしながら道はある、今こそ頭をフルで使う時ですね。

 

作成方法簡単ご紹介:

1、ゲーム映像録画:

こちらはビデオカードに無料で付帯する「GeforceExperience」を利用します。

無料ながら高品質のゲーム映像が簡単に録画できます。

直接生配信することも可能ですが、個人情報漏洩にご注意くださいね。

 

2、映像の編集:

無料で利用できる映像編集ソフト、調べると結構あります。

 

その中で、今回は無料で利用できる「Shotcut」を利用してみました。

編集は、キャプションなし、映像のインとアウトの位置設定、音源を付帯、そして書き出しです。

ちなみに、キャプションも普通につけることができます。

加えて、サムネ用の画像もShotcutで作成可能です。

こちらのソフト無料ですが相当に優秀と感じました、今後は某有料ソフトを卒業します。

 

今回はサムネを別途で作りたかったので、画像のみを保存しました。

 

3、サムネの編集:

こちらはWindows10付帯の「ペイント3D」を利用しました。

画像に文字を加えるだけですね。

 

4、Youtubeへの投稿:

こちらはYoutubeアカウントがあれば、映像が簡単にアップできます。

説明の内容の記載をお忘れなく!

 

結論:

お金をかけずとも、何とかなる!

ググって調べて、お金のかからない方法を探してほしい。

 

サーバーだって2千円で買えます。

お金はうまく使いましょう。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す