SIMカードにはご注意を!

昨日、購入後101日経った2台のAUの京セラ製Gratina4G・KYF37のSIMロックを解除しようと思い、作業を進めていました。

こちらの端末SIMロックを解除すると、他社のSIMも利用することができる結構便利なガラホです。

SIMロックを解除する際に、他社のSIMカードが必要になります。

この時、Nano_Simを一度双方の端末から外して入れ替えますので、この外したSIMをテープ等でしっかり動かないように固定することが大切です。

この作業をおろそかにすると、半日なくしたSIMカードを探す羽目になります。(昼間に探した方が見つけやすいです)

ロック解除作業を部屋の作業机で作業をしたので、部屋の中から見つかりましたが、作業机からかなり離れた物陰に隠れていました。

私のような間抜けな目に会わないよう、特に小さいNano_Simの所在にはご注意を!

旅先でSIMを入れ替えることもあると思います、無くさないよう十分にご注意ください。

さて、話は戻り、AU端末のロック解除ですが、詳細な方法に関しては様々なサイトでご紹介があるので記載しませんが、記載がほとんど無い情報を一つお伝えします。

それは仮パスワード発行によるAU_IDの取得方法です。

特にGratina4Gの場合、LTE_NETも外しているでしょうし、ネットやメールでの対応ができません。

この場合、契約時に発行されたパスワードをカスタマーセンターで一旦解除してもらい、新たに仮パスワードを発行してもらう必要があります。

発行してもらった仮パスワードと暗証番号がセットで新パスワードとなり、電話番号がIDになりますので、これらの情報をPCにてAU_IDログインページに入力します。

これで、AU_IDにアクセスできますので、新たなパスワードを設定して、連絡用のPCメールアドレスを設定します。

そして、AU_IDログオン状態で「SIMロック解除のお手続き」のページにアクセスいただき、スクロールロールダウンして解除ボタンを押して作業が可能となります。

この後、解除する端末に「他社SIM」を入れ替える必要がありますが、この時両方のSIMの管理にご注意ください。

集中するのはSIMの行方でお願いしますね。

※機種によって操作が異なる場合があります。各機種でのSIMロック解除の操作は、取扱説明書の「SIMロック解除について」をご確認ください。

ちなみに契約時に決めた暗証番号の4桁の数字を忘れてしまった場合、AUショップに行って新たな暗証番号の設定が必要になります。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す