PCが遅いと感じたら、CPU交換(3)

ついに最後の第3弾、第1世代の今でも地味に人気の鼻毛サーバーS70 タイプSR・LGA1156です。

もともとのCPUは最低グレードのPentium G6950(とても仕事で使える性能ではありません)で、交換後のCPUはx3430(性能的にCore i3-3220同等)にアップグレードとなります。

こちらはPentium G6950からの交換で、4コア4スレッドXeonに変わったので、性能向上具合は相当アップになります。それでもCore i3-3220程度ですので重い映像処理に使用するのは少々きついですね。

OSはWindows 10 Proをインストールしてあります。コア数とスレッド数が変わったので、快適さ・スピードの向上はそれなりに感じます。

このXeon x3430 CPUですが、第1世代CPUと相当に古いこと、加えてサーバー用CPUの中では最低グレードということで¥500前後で取引されております。ズバリめちゃお得です。

トップグレードx3470クラス(性能的にCore i7 950同等)になると、こちらのx3430から乗り換えたい方々の熱い支持で結構な価格になります。もし載せ替えると、こちらのx3430がまた一つお安く市場に放出される流れです。

こちらのx3430搭載の端末は中古でも2千円行かない程度で落札可能ですので、普通にwindow10Proが使えるパソコンとして一台落札されてもいいのかなと思います。(Windows7Proのプロダクトキーシールがついていることを確認してからビッド願いますね)

今回の3台のCPU交換の結果ですが、交換後の性能比較をお伝えいたします。こちらのベンチマーク比較サイトを参照しました、左から早い順です。

(E3-1270V3 スコア10175)>E5-2420(スコア7395)>E3-1220V2(スコア6503)>x3430(スコア3430)となります。

こちらも交換方法動画に関してはYoutubeを検索いただければ、たくさんございますので今回はCPU交換写真のみで動画投稿は割愛させていただきます。

しかしながら、CPU交換はリスクを伴います。特にマザーボード側のピンを傷つけないよう細心の注意をお願いいたします。下画像の鼻毛サーバーマザーボード上ソケット内の細かい多数のピンをご覧ください、これが折れてしまうと寿命終了となります。

**CPU交換は自己責任でお願いいたします。大事なことですので再度お伝えします。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す