HIS初夢フェア2,020円ホテル、良かったです

1月3日にご紹介した「HIS初夢フェア」の香港2,020円ホテルに泊まってきました。

本日見てみると、いまだに数か国のホテルの予約ができるようですね、少々驚きです。

かなり先のホテル予約をするのは難しいところがありますね。

概要:

昨年度はほんの一瞬で完売した香港の初夢フェアホテルでしたが、今年はゆっくり予約が出来ました。

例年であれば、荃灣のホテル(パンダホテルもしくはL’Hotel)が設定されるのですが、今年は初めて佐敦・Jordanの「プルーデンシャルホテル」。

地下鉄の駅の真上、空港からもA21のバス停目の前、とても便利な場所です。

ちなみにこちらのホテル、現在普通にトリップアドバイザーで予約すると4,661円の様です。

香港へ来る方が激減している理由で、ホテルの宿泊代金相場が大幅に下がっています。

 

今回は旺角に行く用事があるのと、香港の街中を撮影したかったので、こちらの場所は本当にありがたいです。

但し、いつもの香港定宿の荃灣パンダホテルと比べると、食事代金は高くなります。

ちなみにパンダホテルは毎年宿泊するので、必ずと言っていいほどアップグレードしてくれます。

 

香港空港からA21バスは10分おきに出ますので、ここも便利。

空港からバスでおよそ45分でホテル前に到着します。

そこから、エスカレーターで上にあがれば、すぐにフロントです。

ホントに近いですね。

 

受付でにっこり、パスポートとデポジット用のクレジットカードを差し出して、「もしよろしければ、上階の部屋をお願いします」と広東語で一言。

フロントの方がお勧めしてくれたのが16階の部屋、「ありがとう」の言葉と共にカードキーを頂きました。

部屋に行ってみると、

2階建ての部屋、少々驚き。

こちらの部屋、”喫煙”スイートとのこと。

しかしタバコの匂いはほとんどしません。

 

いつも、私が部屋に入って、初めに確認するのは「お湯ポット」が動くかどうか。

すぐにお湯を沸かします。

と、ここでポットが動かないのを確認。

室内電話も使えなかったので、そのまま下のフロントへ。

「お湯ポットが使えません」と伝えると、すぐに部屋を変更してくれました。

 

同じ階の次の部屋に移動します。

こちらも2階建てで、部屋が広くなりました。

天井が高いのはやはり気持ちいいですね~。

 

ベッドのサイズがクイーンになりました。

2階に窓も付いています。

良いサービスです「プルーデンシャルホテル」、お勧めいたします。

 

ちなみに、こちらのホテルに宿泊しているお客さんは「中国からのツアー客」が多いと感じました。

そして、こちらの”喫煙”スイートですが、明らかにビジネス客向けの部屋と感じました。

小さいお子さんのいる家族向けではないですね、喫煙なのはもちろん、階段があるのは危ないです。

 

この時期ですと、中国大陸からのお客さんが多いので”喫煙”スイートがたまたま空いていたのかもしれません。

良い部屋をアレンジしていただいたのでうれしい限りでした。

 

ちなみにお湯が必要なのは、私が大好きなこちらを食べるためです。

美味しゅうございました、こちらのカレー味お勧めですよ。

 

「HIS初夢フェア」おすすめです、と書きたいところですが、、、、、

お勧めしすぎると、来年お正月の初夢フェア予約瞬殺が見えてきます。

 

来年も「香港」に泊まりたいな、とも思いつつ複雑な気持ちです。

是非今度は、大好きなパンダホテルの詳細についてもご紹介したいと思います。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す