中国タオバオおすすめ活用法

「タオバオ」皆様ご存知でしょうか?

いろいろなものがお安くネット購入できる素晴らしいサービスです。

 

タオバオで販売されている商品を日本アマゾンで販売されている方も散見できます。

つまり、日本でオーダーを受けて、中国から発送するパターンですね。

もちろん経費を乗せていますので、お値段は安くありません。

 

他の用事と一緒にこなせるのであれば、自分で商品を発注して、自分で受け取って、日本に持ち帰るのが一番効率が良いのは間違いありません。

ここでは、そのやり方のヒントをお伝えいたします。

 

現地で商品を受け取る方法:

私はシンセン定宿ホテルに宿泊して「フロントさんに梱包確認をお願いして受け取ってもらう」方法を行っています。

理由ですが、ホテルの受付には24時間人がいるので、送付する側も受け取る側も都合が良いからです。

香港空港に着いたら、ホテル受付に一本電話を入れて「荷物が着くのでよろしくお願いします」と伝えればOKです。

 

シンセン地域からの発送品であれば、発注翌日には到着します。

私より荷物が速く到着することも結構あります。

 

最近は、ホテルによっては”友達”に加えていれば「WeChat」で連絡できる場合もありますので、ますます便利になっています。

私の定宿は「WeChat」で連絡可能ですし、結構おしゃべりする変わった日本人ですので、私の用途も理解していただいています。

 

私の将来のビジネスプラン?:

もし将来的に香港に移住出来た際には「タオバオ」で購入した”おすすめ商品”を適時ご紹介して、一部メルカリ等で販売してみたいとも考えています。

いつも訪問する「沃尔玛・ウォルマート」の商品もご紹介したいですね。

手数料は他社よりも低く、商品については「香港から郵送」を考えています。

個人営業の小さな商社のような感じですね。

 

今回の購入品:

話は変わり、今回のタオバオ購入品はこちら。

ありそうでないもの、HDMI端子への変換コネクタです。

DVI24+5(7.65RMB=122円)とDMS-59(15.68RMB=250円)です。

裏はHDMIです。

あると地味に便利なコネクタです。

特にDMS-59からの変換コネクタは珍しいです。

 

DMS-59からHDMIへの変換コネクタ早速試しましたが、問題なく利用できました。

ちなみに、こちらのDMS-59コネクタ搭載のビデオカードは汎用性の低さから、スゴイ安値で取引されています。

DVIの方も後々試してみます。

 

**今回タオバオで購入した商品の発送元は春節前17日が最終出荷日でした。

春節期間のタオバオは発注後24時間以内の発送をしないのではないでしょうか?

店舗在庫のマスクが軒並み売り切れになっている光景が目に浮かびます。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す