その入札は?お高いのでは

最近のリースアップPCの出品数ですが、決算期末の3月ごろと比較すると明らかに減っています。

登録済みのお気に入りストアの数店では出品自体がなくなっているところも多数見受けられます。

加えて、出品数が限られてくると、その中での良品の落札価格が上昇気味になります。

中には、過去落札価格と比較しても、かなり高いビッドが見受けられます。

最近、私が落札しない理由も2~3月ごろの底値の価格を覚えているので、ある一定のライン以上の価格ではビッドを入れませんし、理論的に入れられません。

2~3月ごろの価格は、「ヤフオクの過去落札価格」で参照できますので、是非入札前には一度過去落札価格をご確認ください。

現状少ない出品数の中で、ビッドが入っていない掘り出し物を探すのはなかなか難しいです。

よって、現状で入札が1つも入っていない商品を入札する際には、コンディション・条件等をきちんとご確認ください。

きっと「ジャンク・ノンクレーム・ノンリターン」の文字が入っているリスク商品のはずです。

ヤフオクは趣味のように利用していましたが、そろそろ一時休暇になりそうです。

**インフレ下では、商品の価格は上昇気味になります。加えて、比較的安価な良質中古品を求める人が増えますので、落札価格上昇もやむを得ないところがあります。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す