シンセン半日買い物巡り

シンセン半日買い物巡りということで、沃尔玛でしっかり買い物した後に是非訪問していただきたいところがあります。

城市广场・深圳です。

こちらのおすすめポイントですが、中国ITを代表する2社「華為・ファーウェイ」「小米・シャオミ」の実店舗が隣同士にあります。

ちなみに手前に駐車中の車が、先日ご紹介の比亚迪製の電気駆動のタクシーになります。

こちらの城市广场ですが、地下鉄最寄り駅は科学馆になりますが、この2店舗が南側に立地するため、地下鉄の駅から歩くと結構な距離があります。

そのため、お勧めはバスで新城市广场で降りていただいた方が、便利にアクセスできます。

こちら映像は、バス停そばから撮影したものです。

洪湖沃尔玛で買い物を終えた後に、ひとつ前のバス停「儿童公园」まで200メートルほど歩いてください。

大きな交差点を超えることはありませんし、車道ではない歩道です。

こちらのバス停から62路のバスで一本です。

ちなみに、国贸・金光华からお越しの場合14路で一本です。

新城市广场のバス停で降りていただくと、正面が上の写真です。

エスカレーターで2階に上がっていただくと、

手前がシャオミ、奥がファーウェイです。

販売しているものですが、両社に共通するのがスマートフォン、ノートパソコン、スマートウォッチ、それに付帯するパーツ。

それに加えて、シャオミは家電やバッグ等の小物の販売も行っています。

まず、現在中国の一般販売のIT製品の最高峰はこの2社にあると言って差し支えないと思います。

いろいろ、ご紹介したい商品ありますが、まずはその最高を一番初めにご紹介します。

Huawei Matebook 13です。

まずは、日本語オフィシャルページご覧ください。

触って、持っていただければそのアルミ削り出しの質感、独断と偏見ですがリンゴ本を超えていると思います。

画面のソリューションもレティナを超えていると、私の目では感じました。

めちゃくちゃきれいです、正直驚きました。

お値段については、現状の為替状況では中国で購入する方が、日本で購入するよりも安いですね。

日本でも販売されている製品ですので、中国版も「技適マーク」の問題もクリアしていると思いますが、日本での利用を検討されている方は購入前に店員さんにご確認を願います。(加えてファーウェイの場合、日本国内販売製品でないと「日本でのカスタマーサービス」は受けられませんのでご注意ください**HWカスタマーコールセンター確認済み)

i5 8GBメモリ 256GBSSDで4,999元(約79,984円)、日本より少々安いですね。

i7 8GBメモリ 512GBSSDで6,399元(約102,384円)、いいですね。

日本のアマゾンではi7モデルが、
価格: ¥128,683 通常配送無料
ポイント: 1,287pt (1%)
とのことです。

もし私がノートブックを必要とするなら、間違いなくこちらの機種を購入いたします。(処理スピードの速い中古ワークステーションが好きなので、おそらくノートPCは使わないかも)

こちらの双璧が、シャオミのi5モデルになりますが、長くなりましたのでほかの商品紹介も含めて、明日の投稿にいたします。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す