子供が一人で東京に来られません

去年も記載しましたが、今年もこどもの日の15歳未満の子供の推計人口(4月1日現在)が発表されました。

昨年と比較すると、20万人減。

昨年同様に、増えたのは「東京」のみです。

 

こどもは一人で東京には来られませんので、家族全ての移動。

当然ながら、田舎はさらに過疎化。

昨年この対応策として、「日本を愛する外国人の移住政策」を記載しましたが、予想外の新型肺炎の流行。

他の東アジアの国々は初期対応が迅速で、すべての発熱者にPCR検査を行い、素早く数週間の隔離。

あっという間に感染者はほぼゼロ、経済活動を再開しています。

 

貿易と観光に依存する国が、海外との人の行き来ができない。

私が担当者なら、全ての人にPCR検査を行いたい。

それをしなければ、「それをすでにしている他の東アジアの地域」の信頼は得られない。

 

大人が率先してルールを守らないような社会では、きっとその状況を憂慮する優秀な学生達ほど「TOEFL」や「IELTS」の教科書を手に取って、外国への進路を選択するでしょう。

しかしながら、このままでは外国には長期間出られない。

留学したい子供たちの夢をかなえるためにも、他の国々に納得してもらえる検査体制の拡充をお願いしたいです。

 

空はつながっているのですから。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す