GTX1650ロープロファイル(再・再追記)

ついに待ちに待ったGTX1650のロープロファイルモデルがMSI社より本日6月27日に発売になりました。

**6/27追記

ツクモ秋葉本店に電話で確認しましたが、店頭価格で、19,800円+税です。

新製品なのでメーカーの価格統制が入っているようです。

加えて、電話で確認しましたが、6pin補助電源はいらないそうです。

MSI社のGTX1650ロープロ紹介ページになります。

こちらはオフィシャルページでの紹介です。

注意点ですが、速報では6PIN補助電源が必要と記載がありました。

しかしながら、オフィシャルページのスペック情報では必要とは書いていないですね。

どちらが本当でしょう?実物を見ないとわかりませんね。(75Wと書いてますので、おそらく速報は間違いかと、、、)

仮に6PIN補助電源が必要であれば、グラボだけで最大150W食います。

SFFでは電源容量が足りませんので、もちろん購入しません。

ZOTAC社モデルについては、こちらのオフィシャルぺージをご覧ください、詳細が確認できます。

このSFF向けのロープロファイルモデルグラボ市場は、今のところ1050tiのみが競合相手ですので、明日の投入ができればかなりの「モノポリー」状態になると思います。

理由ですが:

1、「GTX1650 ロープロファイル」の検索件数が相当に高いこと(当サイトでも圧倒的な数値の違いです)

2、当サイトの一番人気記事へ訪問される方の大多数が、上記検索の結果で訪問されていること

3、それだけFPSゲームにも対応できる、高性能ロープロファイルモデルを欲しいと思っている方が多いこと

の3点を根拠として明記いたします。

発売されれば、私も所有のZ230用として是非手に入れたい一品です。

MSIさん、今がモノポリーのチャンスです。

はやりのドタアンダーロード流に言えば、星3の火力で市場を圧倒しましょう。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す