巣ごもり消費マーケティング、なるほど

本日は読書デー、朝から4冊ほど読みました。

その中で気になったワードをご紹介。

「巣ごもり消費マーケティング」です。

 

読んだ本についてはこちら。

本についての評価は、アマゾン等をご覧ください。

 

「巣ごもり消費マーケティング」について思うこと:

感染症流行の中、やはり対人接客系のサービス全般に厳しさがあると思います。

これから、寒い季節がやってきます。

インフルエンザの流行も加わって、「咳」をする人も増えてくるでしょう。

外気が寒いので、窓を全開にして換気をするわけにもいきません。

 

巣ごもりする人たちが増えるので、その方々向けのITサービスの需要が高まると思います。

 

私が独断と偏見で考える例としては:

1、オンプレミスのTV会議システム

セキュリティーを考えるなら、おそらく自分のサーバー上で展開するTV会議システムを使いたいと思う方も多いでしょう。

加えて、ファイル等の安全な転送管理の需要も高まると考えます。

前回自宅に導入した「L2TP/IPsec」VPNとSSH鍵ペア認証のOpenSSHの構成等の安全なシステムですね。

 

2、ホームページからの予約システム

巣ごもりしている方を呼び戻す方法として、私が思うのはこれです。

「お客様はあなただけ、この時間はあなた占有です」

予約システムを利用して、お店の時間占有を提供することです。

この場合、他の人がいませんので感染への恐怖がなくなります。

入店時に使い捨ての手袋を差し上げれば、更に安全性が高まります。

 

恐怖でお客さんの足が遠のくのであれば、恐怖を取り除く方法で一番はこれかと思います。

予約システムに関しては「WordPress」のプラグインを調べるだけでも複数ありますので、一番適切なものを選択すればよいかと思います。

 

3、よってITシステムを構成するエンジニアの需要が高まる

サーバーを自前で導入するにも、借りるにしても、それ相応の知識が必要です。

店舗ごとに導入するにしても、すべてを経営者自身ができるとは思えません。

よって、外部の方の力が必要となります。

 

この場合、年齢は関係ありません。

実力を示せばよいだけです。

自分で予約システムを導入して、サンプルページを作成してみては如何でしょう?

実際に自前でサンプルを作って、提示するのが一番でしょう。

 

結論:

高校生でも、大学生でもITの実力があれば十分に稼げる世の中になると思います。

その為にも、まずは勉強のために「実機」が必要と思います。

 

”ヤフオクストア”でお安く稼働するジャンクではない「リース落ちサーバー」を手に入れてみてください。

**ブレード・ラック型は性能は高めで安いですが、冷却ファンの口径が小さいため、回転数を上げなければなりません。

よって、ファンの音がうるさいです。

もう一度申し上げます、自宅の部屋に置くには「うるさい」ですよ。

「サーバールーム」があればいいですね。

 

そして、お友達とクローズドでマイクラサーバー運用してみてください。

きっと、ゲームから始まることも多いと思います。

ゲーム配信への興味が高まるかもしれませんね。

Twitterフォローお願いします‼

コメントを残す